« スルッとKANSAI旅行2―南海編(ロ) | トップページ | 突然ですが »

2010年9月30日 (木)

スルッとKANSAI旅行3―南海編(ハ)

 高野下から橋本の間で、この後の工程を組みます。
 西宮の酒蔵数軒を回り、有馬温泉から奈良へ。
 なんて考えながら橋本に到着。
 ん?ホームがカオスです。
 何事?
092901_2
 どうしよう。
 チケットを洗濯した天罰でしょうか。
 JRで振替乗車しても橋本―和歌山―難波で2時間以上。しかも本数が少ないので、ひたすら待つことにします。
 一方、登山線は通常の折返し運転。
092902_2
 待っている間にやってきたのは「天空」。超人気です。カオスな人だかりで全体を撮影出来ません。
092903_2092904_2
 足元の窓は、断崖絶壁観賞用で、座席配置も工夫しています。
 この2208-2258。前面に見覚えがあると思ったら、元々22013-22014の角型ズームカー。約50年の車歴になり、この勾配区間を中心に走っている、タフな車両です。
092906_2092905_2
 「天空」発車後、留置線の車両を撮影。
 往路に乗った登山線用の2300系には愛称がついています。
 2301-2351さくら
 2302-2352はなみずき
 2303-2353しゃくなげ
 2304-2354コスモス
 2300系は高野線全線開通80周年の記念ヘッドマークを掲げ、ミュージアムトレインとして11月末まで走行。車内吊り広告スペースには歴代車両など記されています。

|

« スルッとKANSAI旅行2―南海編(ロ) | トップページ | 突然ですが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/49597837

この記事へのトラックバック一覧です: スルッとKANSAI旅行3―南海編(ハ):

« スルッとKANSAI旅行2―南海編(ロ) | トップページ | 突然ですが »