« モジュ22―駅モジュ改修をボチボチ | トップページ | しなの鉄道、JR長野色の115系 »

2010年8月11日 (水)

続・消えた高齢者

 最近、所在不明になっている100歳以上の高齢者が相当数にのぼっていると、マスコミが報道しています。
 各自治体で「数人程度だから…」と放置、優先順位を下げると、積もり積もって数百人になるのです。
 先般、お役所仕事・性善説で成り立っていると書きましたが、問題は縦割りの役所側だけではなく、家族側にも問題はあります。
 といっても年金詐欺ではなく、本当に音信不通状態な家族が多いのです。
 諸般の理由で1人で家を出る。家族も後を追わない(追いたくない)。探さない。連絡が途絶える。それから数十年…。
 年金は本人がどこかで受け取り、ひっそりと生活を続ける。誰も知られずひっそりと息を引きとる。いや、受け取らないかも。
 後で誰かに見つけてもらっても、身元がわかるか…。
 見つけてもらえれば、まだ幸いかもしれない。どうしても見つからない、そう、○○樹海とか、○捨山とかね。白骨化して、確認ができない。身元不明で納骨されるとか。

|

« モジュ22―駅モジュ改修をボチボチ | トップページ | しなの鉄道、JR長野色の115系 »

コメント

クロポ415@泥酔鉄道さん
こんにちは。普通は、親の行方を把握していない子供はどうかしていますよね。それがね、ドロドロした関係になると、双方が放置状態になってしまうシナリオはあるのですよ。親子間の感謝なんてどこかにいっちゃいます。いけないのですがね。

投稿: 赤緑 | 2010年8月19日 (木) 07時42分

帰省している時、親とこの話をしました。
行方不明者である親の行方を把握していない子供がどうかしている・・・・と。

この話題は、「年金の不適正な受け取り、それを黙認する役所」といった、自分自身を省みない方向に話が進みがちな話題ですが・・・。

自分たち自身、自分がお世話になりかつ助けられた親族をどう見ているのか、深く問われているような気がします。

投稿: クロポ415@泥酔鉄道 | 2010年8月16日 (月) 02時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/49124764

この記事へのトラックバック一覧です: 続・消えた高齢者:

« モジュ22―駅モジュ改修をボチボチ | トップページ | しなの鉄道、JR長野色の115系 »