« 消去法の選挙だけは… | トップページ | 鉄コレ トレード要員 »

2010年8月28日 (土)

ATS構想4

 「構想3」から半年以上経ち、別に放置していたのではないですが、半年経ちました。
 その後、どうなったか、当方も自分のブログを読み返すほどわからなくなりました。
 PCと闘って疲れたので、途中で放置し、ふと考えました。
 忘れてしまった方は「構想1」「構想3」の続きになっています。

03082
 構想3の最後の図です。

082801
 ややこしいので、記号を変えています。
 が、いろいろ問題が生じてきました。
 このシステムはセンサーとリレースイッチで構成、ICは使いません。
 で、配線を考えた時、複雑にしたくありません。
 F1を制御するのにS2、C2まで広げると、ここまで長い線が必要になります。
 また、S2、C2はF1、F2の2つのパックを制御することになります。
 出来るだけ配線は短く、少ない本数に抑えられないか、検討してみました。
 こうすれば、F1を制御するのはF2までで、S2、C2まで広がりません。

082802
 しかし、ここで問題が。
 8の場合、F2に車両が無いので電流は流れていないので(=0)、Yは進行します。
 9の場合、F2にはS2で抑止されているXがいます。この時、F2は電流が流れていません。が、YもS1で抑止しないといけません。
 この8、9をどう区別するかです。
 方法はありますが、続く(いつになるか)。

|

« 消去法の選挙だけは… | トップページ | 鉄コレ トレード要員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/49276577

この記事へのトラックバック一覧です: ATS構想4:

« 消去法の選挙だけは… | トップページ | 鉄コレ トレード要員 »