« 世界にはばたく標準軌!京成3700形 カプラー加工 | トップページ | あたしね… »

2010年7月29日 (木)

40両収容BOX

 車両をいかに効率よく収納するか。誰もが1度は抱える問題です。
 模型メーカーからブック型車両ケースが発売されていますが、コストを抑えるのと、運転会などで他の人と混同しないために、20年程前に自作した収容BOXがあります。

072911
 20m車が8×5=40両収容。
 このBOXの長所は中が見えるので管理が容易なことです。
 欠点は上から順番に出さないと1番下の車両が出せないことです。
 仕切板は結構ボロボロですが現役です。

 で、どうやって作ったかというと…

072912
 スチレンボードを加工し、車両を置き、スペーサーを貼ります。
 当初はスチレンボードに直接車両を置いたので、車体の色がスチレンボードに付着。後からバッカーを貼っています(右)。
 裏にスキ間テープを貼り、車両を挟み固定(左)。これで搬送に耐えられます。

|

« 世界にはばたく標準軌!京成3700形 カプラー加工 | トップページ | あたしね… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/49006853

この記事へのトラックバック一覧です: 40両収容BOX:

« 世界にはばたく標準軌!京成3700形 カプラー加工 | トップページ | あたしね… »