« しばらく休養 | トップページ | 世界にはばたく標準軌!京成3700形 »

2010年7月21日 (水)

京成3400形を買ってきました

 17日(土)、成田空港新線(北総経由)が全線開通しました。
 スカイアクセス線と命名され、「スカイライナー」「アクセス特急」が、都心と成田空港を結ぶ一翼を担うことになりました。
 一方、旧来の京成本線は「シティライナー」「特急」で補完する形、スカイバイパス線(勝手に命名)になるようです。
 都心と空港を高速で結ぶ、長年の夢がほぼ叶ったわけです。
 最高時速120㎞だそうで、機会があれば体感してみたいです。

 さて、ダイヤ改正のたびに気になるのは、5直の相互運転の運用。
 当方がいつも注目するのは、最長運用です。
 3直運用開始の1960年代から、成田(成田空港)―三崎口(三浦海岸)の特急ロングランが始まり、「成田山号」「初日の出号」から、「エアポート特急」「アクセス特急」と形を変えながらも、歴史ある運用です。
 「三崎口→成田」の片道1運用という消滅の危機や、最近ではエアポート特急が「快速佐倉行」に化けたりと、黒歴史も刻みながら。

 今改正では三崎口―成田空港(スカイ経由)、三崎口―成田(本線経由)の運用があり、しかも京急車がスカイ経由ながら、久し振りに成田空港に顔を出します。
 一方京成車は相変わらず羽田空港までのようで、神奈川県には到達しないようです。

 また、これは昔からですが、一般優等列車が上野線―本線、押上線―アクセス線と棲み分けが出来ないので、複雑になることです。
 成田空港からライナーと一般特急がアクセスと本線特急の2種類ずつ。金額が全て異なるので誤乗車が多くなりそうです。

 で、どの車輌がアクセス特急に充当するかというと、
 京急600、1000、1500
 都営5300
 京成3050
 のようです。

 あれ? 3700、3400は?
 3050が不足になった時に3700が代走する程度だそうで、従来の本線仕様ですか…。
 3400って元祖SLの足回りだからいいんじゃない? あっ、老朽化ね。
 高速走行せず、下町を縫うようにして走る光景が似合う鉄道ですから…まぁいいか。

07211

 ということで、GMの3400形を買ってきました。
 京成電鉄の車両を買うのは、いつ以来でしょうか…
 ???
 先頃3700形を買ったばかりですね。
 前回3400形が発売された時は買いそびれ、それから歳月は流れ、今日に至りました。
 お楽しみの工作は、明日以降にします。

|

« しばらく休養 | トップページ | 世界にはばたく標準軌!京成3700形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/48940952

この記事へのトラックバック一覧です: 京成3400形を買ってきました:

« しばらく休養 | トップページ | 世界にはばたく標準軌!京成3700形 »