« 二子玉川の謎 | トップページ | なるかATS構想 »

2010年3月 1日 (月)

続・カーリングから勉強する数学

 冬季五輪、終わりました。
 日本国の成績は銀3、銅2。いずれもスケート競技。4年前もスケート競技の金1個でしたから、ジャンプ、ノルディック複合、モーグルといったスキー競技のメダル獲得が遠くなっているのですね。
 さて、先日の問題の解答です。
 コメントを頂きましたが、関係ないものばかりで削除させていただきました。
<問題1> 必ず4位以内…8勝1敗以上です。7勝2敗の場合、5チームが並ぶ可能性があるためです。
<問題2> 惜しくも予選敗退…ということで問題1での5位。つまり7勝2敗です。
<問題3> 運良く決勝リーグ進出…
 1~3位が8勝1敗で並び(並ばなくてもいい)、4位以下が3勝6敗で並ぶケースです。ということで、最低3勝です。
 カーリングの日本女子チームの最終成績は3勝6敗で予選敗退。残念でした。

|

« 二子玉川の謎 | トップページ | なるかATS構想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/47701075

この記事へのトラックバック一覧です: 続・カーリングから勉強する数学:

« 二子玉川の謎 | トップページ | なるかATS構想 »