« ATS構想2 | トップページ | この1週間は連日の追浜行脚 »

2010年3月 8日 (月)

ATS構想3

 日中、時間が空いたので、考えていました。
 ATS構想2、最後の「6の場合」です。
 タイマーを設けて時間差を作るとか…。
 でもうまくいきません。

03081
 (1)で、列車の先頭の車輪がギャップを越える前に、先端がセンサーに到達しないといけません。
 これではギャップとセンサーの距離が至近になり、工作に不安があります。
 で、どうするか。
 発想を変えて、センサーの位置をギャップの手前に2つ並べてみます。
 (2)で、列車の最後尾がセンサーを通過する前に動力車がギャップを越えればいいので、(1)よりは距離が至近でなくてもよさそうと考えました。
 (1)では前照灯があり、動力車が2両目以降の列車はNG(区間①から脱出出来なくなる)になりますが、(2)では路面電車や、Bトレなど一部がNG…になるかもしれません。
 どうしてもダメならタイマーなどをどこかで噛まして解決(?)…この件は先送りします。

03082

 ということで、改めて時系列の図です。
 SA、S1の位置関係が前のと異なる(SA、S1を区間①としたため)ので、余計わかり難くなりますが、試行錯誤の最中なのでご了承下さい。
 改めて説明します。
 ・S1=0 or(FB=0 and S2=0) の場合、FA=1です(1、2、5の場合)。
 ・S1=1 and(FB=1 or S2=1) の場合、FA=0です(3、4の場合)。
 ・SA=1 の場合、FA=1です(6、7の場合)。
 前車の最後尾がS2を通過してS1を出発し、その後SAを通過するので、SA=1の場合は、無条件でFA=1になります。
 これで、列車Yは区間①を通過出来ます…よね。
 まだ難題はあります…。(続く)

 カテゴリーを新設しました「モジュールATS」。

|

« ATS構想2 | トップページ | この1週間は連日の追浜行脚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/47761095

この記事へのトラックバック一覧です: ATS構想3:

« ATS構想2 | トップページ | この1週間は連日の追浜行脚 »