« 業務連絡 | トップページ | ATS構想3 »

2010年3月 7日 (日)

ATS構想2

03072
 構想1を元に、時系列にしました。
 図、説明文ともに見難いかもしれませんが、ご了承下さい。
 センサーの上に車両がある=つまり検知した時を「1」、いない時を「0」とします。
 走行状態=つまり通電は「1」、無電は「0」とします。
 但し、給電していても、列車がいない場合は通電状態でも「0」とします(この件については、改めて取り上げる予定です)。
 (「-」はどちらでも関係ない)。
 基本は、
 ・S1=0 or(FB=0 and S2=0) の場合、FA=1 です(1、2、5の場合)。
 ・S1=1 and(FB=1 or S2=1) の場合、FA=0 です(3、4の場合)。
 しかし6の場合、動力車が区間に残っていて、前照灯が区間から給電されたら、FB=1 になり、列車は停止するので困ります。
 S1=1 and FB=1 でも FA=1 にしておきたいです。
 SBがギャップと至近距離に取り付けられれば、SB=1ならFA=1とできますが…。(続く)

|

« 業務連絡 | トップページ | ATS構想3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/47752508

この記事へのトラックバック一覧です: ATS構想2:

« 業務連絡 | トップページ | ATS構想3 »