« つかの間の雪 | トップページ | この1週間 »

2010年2月 4日 (木)

残念で、当然で、無念で

 今日の17時頃、池袋駅前を通ったら、にわかな人だかりが。
 何事かと思えば新聞の号外が配られていました。
 すぐに配布終了された中、運良く当方は2紙を入手しました。
 手に掴んだのを見ると大きく「引退」の2文字が。
 今、引退で号外が出る大物といえば…苗字は小さくてもあの大物政治家がピンと来ました。
 やはり責任をとったんだ…。
 予想はハズレ、でも角界の第1人者の引退には驚きました。
 遅かれ早かれ、残念な幕引きになるとは予想は出来たものの、Xデーが今日とは思いませんでした。
 不祥事・事件が続いていたので、綱紀粛正を図る協会としても、苦渋の選択。印籠を渡した形になりました。
 彼ほど角界に対して「功と罪」を多く残した人はいません。
 若貴ブームの後、大型力士が活躍する中、小兵力士代表として人気を取り、外国人といえば米国だった当時、モンゴル旋風を吹かせた内の1人。
 そして立派な成績や記録を残し、角界を支えました。
 今思えば、1人横綱の時期が長かったので、少々やんちゃな行為も目をつぶらざるを得なかった協会の甘い姿勢もあったのではないでしょうか。
 これが「驕り」になり「罪」に繋がったと思うのです。
 常に2人横綱で切磋琢磨していれば、違っていたでしょう。親方、後援会などの関係者が常にブレーキを引いていればよかったのに。
 いずれにしても、角界は貴重な人材を失いました。
 白鵬など来場所に向けての「心」が大丈夫か、尾を引きそうで心配です。彼に代わって台頭してきそうなのは…「把瑠都」…また外国人だよ。大丈夫?

|

« つかの間の雪 | トップページ | この1週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/47479307

この記事へのトラックバック一覧です: 残念で、当然で、無念で:

« つかの間の雪 | トップページ | この1週間 »