« モジュ58―ポイント操作の簡素化 | トップページ | モジュ60―ポイント操作の簡素化(続々) »

2009年10月29日 (木)

モジュ59―ポイント操作の簡素化(続)

 ブログで初めて「続きはこちら」の機能を使いました。

というかこの機能の使い方を知らなかったので、うまく使えるか、まだまだ勉強することは多いです。少しでも見やすくするには、作文がグダグダにならないよう、心がけますが、難しいです。

 さて、昨日の続きです。

 3線分岐が出来れば、次は4線分岐。

102901 102902

線形は<図7>、回路は<図8>です。
 (以下①②…スイッチ番号とします)
 ②の時を基準として各ポイントの向きをa、Bと設定すればOKですが、ポイントCがNGです。
 仮に②でCの向きにすると、②から③に切替えてもCのまま。③から④に切替えてcになります。
 反対に④から③に切替えてもcのまま。③から②に切替えてCになります。
 つまり③→②の場合、ポイントの向きがcなので3番線に行けないのです。
 どうしようか…。
 考察に数時間…。
 切替えてほしい時には、スイッチの一方は電源側に通じておく必要があるということ。
 つまり、この時③がコンデンサからの放電なら④は電源側に繋がらなければならない、ということです。
 しかしこうすると、ポイントA、Bが一緒に切替わるのでNGになります。
 ということは、このままでは不成立・・・。
 完全に行き詰まり。
 考察に数時間…。
 もっとも、このような1回路でリレーを使わず、ポイント5個を動かそうという無謀な構想に無理があるわけで。
 ということで、4回路のロータリースイッチを使うのです。
 (もっとも10回路とかあれば、こんな記事を書く必要がなく、6接点ではMAX4回路のようなので)

102903
 あやにゃみ氏のレイアウト図で、「AC」と「BDE」と2回路に分けます。
 「AC」は<図6>の考え方・・・後で一部修正します。

102904
 「BDE」は、こう考えました。<図10>
 ①③⑤の時はBDEの向きに決めます。
 で、②でb、④でd、⑥でeにすればいい。
 どういうことかは、作図が追いつかない。。。改めて…(続く)

|

« モジュ58―ポイント操作の簡素化 | トップページ | モジュ60―ポイント操作の簡素化(続々) »

コメント

ayanyamiさん こんにちは。
その時には別件で教えていただきたいことがあるので、宜しくお願いいたします。

投稿: 赤緑 | 2009年10月29日 (木) 21時44分

むむむ…。
室内等点けるだけの知識しかないので
さっぱりだぁ…トホホ
土曜日に詳細を教えてください。
つか、今度伺いますわ(笑

投稿: ayanyami | 2009年10月29日 (木) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/46612329

この記事へのトラックバック一覧です: モジュ59―ポイント操作の簡素化(続):

« モジュ58―ポイント操作の簡素化 | トップページ | モジュ60―ポイント操作の簡素化(続々) »