« モジュ54―建物コレクションに照明工作 | トップページ | モジュ56―パウダー撒き »

2009年10月18日 (日)

モジュ55―跨線橋用対向式ホームの加工

 なぜ駅モジュの建物の配置が決まらないのか。駅舎の位置が決まらなかったからです。
 そこで、駅舎、木造跨線橋(#4004)の位置を決めました。
 この跨線橋。ホームにガイドを介して固定するのですが、見た目に難のあるガイドを使わず、固定する方法を発見しました。
 対向式ホームの基本セット(#4001)に含まれている待合室・植込みパーツのホームを使います。

10181 10182 10183
 植込みの幅と跨線橋の柱部分(裏から覗いて空間部分)が一致するのです。
 待合室の椅子部分はカットしてツライチに。跨線橋の柱・壁がかかる部分の植込みをカットします。
 カットした椅子部分の穴が跨線橋の階段下に隠れるのもおいしいです。
 テストはしていませんが、多分ズレないと思います。

|

« モジュ54―建物コレクションに照明工作 | トップページ | モジュ56―パウダー撒き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/46517604

この記事へのトラックバック一覧です: モジュ55―跨線橋用対向式ホームの加工:

« モジュ54―建物コレクションに照明工作 | トップページ | モジュ56―パウダー撒き »