« 助っ人3―KATO485系0番台「雷鳥」座席の方向転換とステッカー交換 | トップページ | クハ79300番台(偶数)1―各面の加工と箱組み、塗装 »

2009年8月18日 (火)

助っ人4―ステッカーの続き

081811

 TOMIX489系「あさま」です。
 115系がOKならと、こちらもOKとしました。
 数年前やってきた「妙なモノ」の一員で、預かり物から当方所有になった車両です。
 とはいえその頃は基本5両だけで、後から増結セット×2を入手するのが大変で、1セットは大阪、1セットは東京の両中古店で、偶然見つけて9両編成にしたという思い出の車両です。
 車番インレタと、前に購入しておいたペンギンのあさま用ステッカーから「直江津行」を貼りました。
 KATOのキハ82系です。
 最初の「特急白鳥」が82系だったのは有名で、大阪―青森、大阪―上野の各7輌編成を大阪―直江津では併結した14両編成はさぞかし豪華だったことでしょう。
 その後、上野方面は「はくたか」となり、車両も485系電車化され、82系の稼動は11年でした(鉄道ピクトリアル8月号より)。
 当方も白鳥…としたかったのですが、食堂車入りの6連と、食堂車なしの6連の計12連では、「実車と違う」と幹事から突っ込まれそうなので断念。
 ここは変化球…「ひだ」にしました。昔は金沢まで6連で走っていたし、「白鳥」より長い17年の稼動と問題ありません(同号より)。
 ヘッドマークを変えて出来上がりです。
 1両は、以前に座席の方向転換をしているので役立ちそうです。
 以上、北陸路仕様の計7編成が完成。これから仕様前走行点検をして当日に備えます。
081812

|

« 助っ人3―KATO485系0番台「雷鳥」座席の方向転換とステッカー交換 | トップページ | クハ79300番台(偶数)1―各面の加工と箱組み、塗装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/45963782

この記事へのトラックバック一覧です: 助っ人4―ステッカーの続き:

« 助っ人3―KATO485系0番台「雷鳥」座席の方向転換とステッカー交換 | トップページ | クハ79300番台(偶数)1―各面の加工と箱組み、塗装 »