« クモハ73の珍車4―塗装 | トップページ | 演奏会に行ってきました »

2009年7月24日 (金)

クモハ73の珍車5―インレタとパーツ取り付け、落成

 予定より早く帰宅出来たので、工作をしました。
 問題の窓セルは試行錯誤の結果、以下のようにしました。
 まず車体内側のリブを削ります。
 2段窓は上下1:1のTOMIXの窓を使います。
 左右方向の窓寸法が車体と同じですが、上下方向は窓のほうが大きいです。
 はめ込む部分の上部と窓上部を少しずつ削り、収まるようにします。

072402
 上の画像はここまでの状態です。
 扉、戸袋、運転室は元の山陽車のものを使います。
 運転室隣の客窓は山陽車のもので、ここだけ1:2になっています。
 TOMIXのパーツでは、この部分の窓の左右方向の寸法が小さく使えないためです。
 (実車はTOMIXの通り小さいです)
 ピッタリ収まらないパーツは接着剤で固定させます。

072404
 インレタ貼って、パーツ類をつけて。
 下回りは鉄コレを使用。座席の下に板錘を挟み重くしています。
 連結器は両端ともTNカプラーをつけています。

072405072406 
 これで73600奇数車が2両、偶数が1両になりました。
 左から、73625(今回の鉄コレ改造)、73629(側板GM)、73612(タヴァサ組立)。
 手持ちの資料では73600番台は中原、東神奈川、豊田、鳳、津田沼の各電車区に配置されていて、特に南武、横浜線でよく使われていたようです。

|

« クモハ73の珍車4―塗装 | トップページ | 演奏会に行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/45729229

この記事へのトラックバック一覧です: クモハ73の珍車5―インレタとパーツ取り付け、落成:

« クモハ73の珍車4―塗装 | トップページ | 演奏会に行ってきました »