« 池袋―秋葉原を行脚(往路) | トップページ | 「しかるべき時期」とは »

2009年7月 7日 (火)

池袋―秋葉原を行脚(復路)

 往路は徒歩、模型店を巡回した後の復路は山手線に乗るパターンが多いのですが、今日は頑張って復路も歩きました。
 往路と同じく携帯で撮影したもので、鮮明な画像ではないと思います。
 模型店など巡り、14時10分出発。

070711
 GMの駅ビルの窓と同じ建物。なんとなく親近感があります。

070712
 復路は後楽園まで往路と同じ―茗荷谷―池袋と丸の内線の上を行きます。

 しかしこの標識。直進、左折共に大塚…。
 こちらの方が距離は短そうですが、勾配があります。
 おまけに日陰が少ないのも猛暑の中ではこたえます。
 後楽園から分かれて富坂下。箱根駅伝の権太坂ほどではないですが、富坂下から富坂上は全行程の中で短かいながら最大の勾配です。
 茗荷谷付近が1番高く、ここから下りと上りが繰り返されます。
 自動車では気にならない程度の勾配ですが、終盤の足に猛暑が加わると疲労が増します。

070713
 茗荷谷(お茶ノ水大前)―池袋2㎞になっていますがもっとありそうです。
 15時30分池袋到着。
 復路の所要時間も往路と同じ1時間20分。
 たっぷり汗をかきました。
 少しはお腹まわりも減ったことでしょう…。

|

« 池袋―秋葉原を行脚(往路) | トップページ | 「しかるべき時期」とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/45567145

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋―秋葉原を行脚(復路):

« 池袋―秋葉原を行脚(往路) | トップページ | 「しかるべき時期」とは »