« 朝青龍から学ぶことが | トップページ | モジュ6―カーブポイントは不評か »

2009年1月25日 (日)

モジュ5-山2の線路の配置から台枠の加工

 今日は晴天でしたが来客もあり、ほとんど自宅。ということで大相撲を見ながらモジュ工作をしました。
 モジュ3で作ったアジャスター付の台枠。
 線路を固定、ホームを置き、山1とつなげてみました。

012501 012502
 連結部分の台枠の隙間が目立ちます。後で処理が必要です。

012503
 ジョイント部分で約1㎜開いているところがあり、固定し直しました。
 ここでS99の高架付き線路があったことを思い出し、探してみることに。

012504
 旧仕様ですが、この高架橋部分を使い、この下に道路を通すことにします。
 高架橋のS99が左端部では台枠に完全に固定できないのと(隣が取外し可能線路になるので具合が悪い)、立体高架を端部にしたくなかったので、線路配置順番を変更。
 変則ですがS158.5に高架橋をつけました。1度ばらして、片方だけですがビスでとめ直し、端部のダボを削ります。

012505 012506
 これなら線路の左端は固定され、高架橋は下から支えれば大丈夫そうです。
 高架部分を中心に台枠をカット、ここが道路になります。

012507
 手前は勾配をつけ、向こう側は山1につながるトンネル「大炒飯隧道」にします。
 ただ、これだけカットすると線路の路盤が弱くなるので、下から路盤の高さに合わせた補強材を入れました。今日はここまで。

012508

|

« 朝青龍から学ぶことが | トップページ | モジュ6―カーブポイントは不評か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/43854299

この記事へのトラックバック一覧です: モジュ5-山2の線路の配置から台枠の加工:

« 朝青龍から学ぶことが | トップページ | モジュ6―カーブポイントは不評か »