« 月末といえば―2 | トップページ | クモハ73600番台(偶数)1―各面の工作 »

2008年8月 2日 (土)

葬儀で思ったこと

 4日間程、親戚の家に行ってきました。といってもいつも行く家ではなく別の親戚で不幸があったためです。
 故人は数年間入退院を繰り返し今日に至り、複雑な事情もあり周囲の家族も介護も大変だったと聞いていました。
 遠方地から参列するのだから、ある意味気楽に考えていたら、親族側の席につくことになったのです。
 意外と血縁が近かった、というより正確には長時間の参列に耐え難い高齢の近親者が多かったのが理由です。
 急に頼まれると困るものですね。親族側として参列する心の準備は出来ていなかったし、葬儀に場慣れてしていないし、途中で居眠りできないし、困ったものです。
 それより困ったのが、その後の故人を偲んでの食事会。
 大勢の親類、お世話になった方々に挨拶が出来ても、顔と名前、どのような関係なのか把握できないのです。しかも当方より御高齢の方ばかり。
 後で食事会での座席表を見ても誰が誰だったか…。
 うまいこと言って写真を撮っておけばよかった…。
 すぐに新盆だから、また大勢に会う。その時に写真を撮ることにしよう、と思い、帰宅したのでした。

|

« 月末といえば―2 | トップページ | クモハ73600番台(偶数)1―各面の工作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/42042542

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀で思ったこと:

« 月末といえば―2 | トップページ | クモハ73600番台(偶数)1―各面の工作 »