« リハビリに旧国の屋根を加工 | トップページ | 乗り鉄2―東横線も進化した »

2008年7月13日 (日)

レイアウトの打ち合わせ&乗り鉄1―副都心線

 鉄道模型レイアウト製作の見積り依頼があり、打ち合わせに行ってきました。
 前回のレイアウト製作以来約3年、といえばCKCの発足前、当ブログ開設前です。
 まだ見積り段階ですが、決定となれば忙しくなります。
 もっとも1度、納入先のトラブルに巻き込まれて、その影響で「妙なものがきました」というオチがつきましたが。
 さて、打ち合わせ及び作業予定場所は相模鉄道の「さがみ野」駅のそば。
 折角なので、往路は東京メトロ副都心線→東急東横線→相模鉄道、復路は相模鉄道→小田急電鉄→JR南武線→JR武蔵野線。
 話題の中心は副都心線。乗換がわかりヅラいと言われる小竹向原で降りて、乗客の様子を観察。
 線路の構造上、1、2番線共に渋谷行(急行、各停)、新木場行が混ざり、行先の電光板が2列車分しかなく、その上、列車運行状況や案内の表示をしているので「今度」「次」「その次」が常時表示できない。
 今度発車する各停渋谷行より、3本後の急行渋谷行が先着するケースもあり、更に戸惑う。
 もう一つ、ホームにも扉があり、列車到着後すぐに扉が開かず乗降出来ないから、ストレスは溜まり、乗り継ぎが上手くいかないと最高潮に達しそうである。
 終点・渋谷駅で東横線に乗換のため地上に向かう。初めてのせいか時間がかかったようにも思えたが、宮益坂口から地上に出た時はホッとする。

07131_2
 ここから無事、地上に。

07132_2

 東横線はこの左後方から発車。
 銀座線など地下浅いホームならまだしも、階段、エスカレーターを4、5本乗り継ぐようになると、お年寄りなど不慣れな人は不安になる。
 (銀座線渋谷駅は地上でしたな)
 だから不慣れな人は多少込んでいてもJRを使うと思う。当方が乗車した列車も全員着席程度の乗客だった。
 そういえば先日TVで見たが副都心線は起伏がハゲしく、急勾配の連続らしい。ただ、景色が見えないので乗客にはわからないらしい。
 (続く)  

|

« リハビリに旧国の屋根を加工 | トップページ | 乗り鉄2―東横線も進化した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/41825359

この記事へのトラックバック一覧です: レイアウトの打ち合わせ&乗り鉄1―副都心線:

« リハビリに旧国の屋根を加工 | トップページ | 乗り鉄2―東横線も進化した »