« 早くも「副都心線開業反省祭?」 | トップページ | 物騒な世の中ですね »

2008年6月22日 (日)

副都心線開業反省祭…どころではない

 19、20日と出張。帰宅後すぐ20日夜から22日まで長野の親戚の家に行ってきました。
 今週は何かと落着かない1週間でした。
 長野に行く時、久し振りに「東京時刻表7月号」を購入したので、親戚の家で見て時間を潰しました。
 時間を潰せたのはよかったものの、世の中から相当遅れていることがわかりました。
 気のつくままに並べてみると…
 JRでは夜行寝台客車が淋しくなった。「富士」「はやぶさ」「北斗星」「カシオペア」「あけぼの」「北陸」。
 「あやめ」(成田行)「しおさい」(佐倉発)があり、紛らわしくなってる。
 「さざなみ」は館山まで「わかしお」は安房鴨川まで行かない列車がある。
 快速「アーバン」「ラビット」が減っている。

 私鉄に至ってはあまりにも多くて以下省略。

 こんなこと書くと突っ込まれ放題、鉄道に全く詳しくないことがおわかりになったと思います。
 左にあるように「皆様のおかげで成り立っています」ので。  

|

« 早くも「副都心線開業反省祭?」 | トップページ | 物騒な世の中ですね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/41617082

この記事へのトラックバック一覧です: 副都心線開業反省祭…どころではない:

« 早くも「副都心線開業反省祭?」 | トップページ | 物騒な世の中ですね »