« 整理、整理、2箱目 | トップページ | Nは東武でHO西武~の新年会 »

2008年1月11日 (金)

久々に興味がある大相撲

 13日から初場所が始まります。東白鵬、西朝青龍の二人、しかも同じモンゴル出身横綱。
朝青龍は恐らく初の西からの出場と思う(横綱最初の場所は西の番付でも一人横綱の関係で、東から出場)。
今日までの稽古の様子、インタビューから今場所への意気込みは相当なもの。
二場所休場のブランク何のその。
千秋楽まで冷静さを保てれば全勝、または14勝1敗で優勝と予想します。
マスコミから叩かれ付きまとわれストレスが溜まっただろうが、謹慎期間が自分を見つめ直すいい休養になったでしょう。
注目される初場所で見返してやる大きな目標を掲げ、体を1から鍛え直た筈です。
平凡な成績では、これまでの数年間、角界を牽引してきたことも、ある意味終わりになってしまう。
千秋楽「さすが朝青龍」と言われる結果になっている気がする。
最大の敵、それは怪我。

|

« 整理、整理、2箱目 | トップページ | Nは東武でHO西武~の新年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/17658561

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に興味がある大相撲:

« 整理、整理、2箱目 | トップページ | Nは東武でHO西武~の新年会 »