« たかが5分… | トップページ | これが「蟻地獄」か »

2007年7月28日 (土)

数独を解いてみようか

 脳の老化防止、活性化「脳トレ」の教材に人気があります。漢字ドリル、計算ドリル…小学校時代に嫌という程やった、やらされた、誰でも知っているものです。
 通勤電車内、喫茶店などで解いているのを見かけます。ペンを持って書き込むのに意義があるともいわれます。
 他にもパズルもの:間違え探し、クロスワード、数字を使ったモノなど多種にわたります。
 その中で「数独」を理論的に解いてみることにしました。
 上記の教材は記憶力、偶然性の要素が多いのに対し、思考力要素が大きい数独だと説明しやすいと思ったからです。
 本当は、ブログの題材を探していただけです。また、(遠い)将来の自分のためにも…。
 偉そうに論じていますが、そこは適当に、興味のある方はそれなりに見てください。

 問題(新聞に回答と共に掲載されていたものより)

 011

この色の順に埋める数字を決定していきました。

 0100

ルールや数字の決定理由は省略。埋める順番は大抵の場合1通りではなく、あくまでも一例です。

012 013

014 015

016 017

018

如何でしょうか、このシリーズ。

 

|

« たかが5分… | トップページ | これが「蟻地獄」か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/15929538

この記事へのトラックバック一覧です: 数独を解いてみようか:

« たかが5分… | トップページ | これが「蟻地獄」か »