« 1925と1988 | トップページ | Vista…を購入、今度こそ »

2007年6月23日 (土)

架線切れ事故にみる危機意識

 22日朝、埼玉県内のJR線で約5時間停電、不通になった。
利用客が多いためか首都圏のためか随分報道されていたが、ちと騒ぎすぎです。地方ならローカル情報で終わりでしょう。
 さて、不通になった時、駅間に立往生した車内の「閉じ込め客」対応にいつも不満を感じています。
車掌の良し悪しで状況・心理状態が違ってきます。残念ながら「ヘタ」とは言いたくないがそれに近い。限りなく「ヘタ」としておきます。
 もっと突詰めれば情報の送り手の運転指令所とか運行本部が「ヘタ」なのでしょう。「何が知りたいのか」がわかっているのか疑問に思う時もある。
 何故か。運行指令所は空調が効いているから。とは言いすぎか?
 その一方で現場は炎天下などの悪条件が多い。長時間缶詰の上、駅まで砂利道を歩かされるのよ。この差は何よ! 「貴重な経験でよかったじゃない」とでもいうの…

 どうすればいいのか。
1.情報の提供を上手にすることです。現場はどういう状況か、運転再開の見込はいつか。提供の仕方で随分変わるものです。
2.早く悪条件から解放させること。長時間の「閉じ込め客」をどうするか。
3.不通区間を極力短くすること。今回の場合上野―大宮に抑えて、京浜東北や埼京線は早急に運転させる努力をする。

 日頃から危機意識を管理しておいてほしいです。不満はたくさんあるけど今はこの程度でやめておきます。プンプン!

|

« 1925と1988 | トップページ | Vista…を購入、今度こそ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/162352/15535181

この記事へのトラックバック一覧です: 架線切れ事故にみる危機意識:

« 1925と1988 | トップページ | Vista…を購入、今度こそ »