« 今年は水不足かな | トップページ | 架線切れ事故にみる危機意識 »

2007年6月20日 (水)

1925と1988

 今日、時々利用している近くの模型店から割引セールのご案内の葉書が届いたのだけど…
中央上部に「サマーセール2006」、去年の案内かよ。と突っ込みの第一声(心の中で)。
で、ふと思い出したのが、タイトルの2つの数字です。なんでしょうか?
 20年以上前のことなんだけど、地主を相手にした営業で、企業も然ることながら個人宅、しかも高齢者に伺うことが結構あったのです。
で、商談成立。契約書等の書類に署名する段階で、生年月日(西暦)を記入する場合があり、さて何年だっけということがよくあったんです。
 当時は長かった昭和○○年が主流で、今みたいに西暦が登場する機会は少なかったのです。
 そこで、この「1925」です。わかりましたか? これは「昭和=西暦」の変換数字です。
さり気なく教えてあげると、当方の印象度がプラスされたのものです。
 年号が平成になり、変換数字は1988です。でも、今は仕事も変わったし、西暦もよく使うし、出番はないです。
それより当方は昭和生まれだから1925でいいんだ。

|

« 今年は水不足かな | トップページ | 架線切れ事故にみる危機意識 »

コメント

確かに平成○年…なんて言い方はあまりしなくなりましたね。

西暦は間違えませんが、年号を迷う事があります。

投稿: gino-1(囁く悪魔) | 2007年6月21日 (木) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年は水不足かな | トップページ | 架線切れ事故にみる危機意識 »